検索キーワードをたった1時間で4万件以上も集める方法

アフィリエイトサイトの記事テーマを探すときや、リスティング広告を出稿するときなど、なにかとキーワードを収集することはありますよね。

自分の頭の中で考えて閃いたキーワードを書き出したり、競合のサイトを参考にして、手動でキーワードを探すのも一つの手ですが、それではあまりに時間がかかりすぎます。

また、Googleなどが出しているキーワード収集ツールを使う方法もありますが、検索数が少ないキーワードは表示してくれないなど、網羅性に欠けます。

このページでは、私が実践している「キーワードを短い時間で大量に、かつ網羅して収集する方法」をご紹介したいと思います。
>>管理人のプロフィールはこちら

使うのは、エクセルと無料のツールだけです。1時間もあれば、4万以上のキーワードを収集できます。

実際に私が 1時間で収集したキーワードのリストはこちら
キーワードリスト

実際のブログを例に説明します

分かりやすく説明するため、このページでは、岐阜のアフィリエイト交流会に参加されているY.Tさんのブログを例にします。「記事を書くときのテーマとなるキーワードを収集する」ことを想定します。

Y.Tさんのブログです。
富山のスイーツとお取り寄せスイーツをゆるくまがご紹介!

Y.Tさんは、富山のスイーツに関するブログを運営されています。富山の美味しいスイーツのお店や、有名店のスイーツを紹介する記事を書いておられます。

では、ブログ記事のテーマにする「スイーツ」に関連したキーワードを集めてみましょう(集めたキーワードはすべてエクセルにまとめましょう)。

1.親キーワードを集める

まずは、「親キーワード」を収集しましょう。

親キーワードとは、

リストなどでキーワードが2層以上なすときに、一番上に立つキーワード。
引用元:Hatena Keyword

のことです。※定義は曖昧で、サイトによっては上記の説明と異なる場合もあります。

例えば、スイーツに関連する検索キーワードには「スイーツ レシピ」「スイーツ お取り寄せ」「スイーツ ランキング」などがあります。ここでの親キーワードは、一番上に立つキーワード「スイーツ」です。

このように、検索キーワードの核となる「親キーワード」をまずは集めましょう。

親キーワードの集め方には以下の 3つの方法があります。

1-1.「◯◯一覧」を掲載しているサイトを参考にして集める

スイーツと一口に言っても、ケーキやチョコレート、プリンやクレープなどさまざまな種類があります。

そうしたスイーツの種類を網羅するには、「スイーツ 種類 一覧」などで検索して出てきたサイトを参考にするのが一番ラクです。

例えば、下記のようなサイトを参考にすると良いでしょう。
◯お菓子レシピリスト 50音順
◯クッキング・レシピ一覧

ここから、親キーワードにしたいキーワードを目視で選んでいきます。

「肉まん」や「お好み焼き」は自分サイトで扱うテーマと離れているので除外。「雛祭りムースケーキ」や「法蓮草シフォン」はマイナーすぎて検索されなさそうなので除外。など、いらないキーワードを削っていきましょう。

こうして集めた親キーワードのリストがこちらです。
「◯◯一覧」を掲載しているサイトを参考にして集めたキーワード

今回はスイーツを例にしましたが、「ゲーム ジャンル 一覧」「お酒 種類 一覧」などで検索すると、大体の場合、一覧をまとめたページが見つかります。

1-2.同義語・類語(同じような意味を持つ言葉)を探す

「スイーツ」と同じ意味を持つ言葉には「デザート」や「洋菓子」「甘味」などがあります。また、「スウィーツ」などと言う人もいますよね。

こうした同義語・類語を、1で集めた親キーワードごとに探して書き出しましょう。

同義語や類語を探すには、weblioの類語辞典を活用するとラクです。
weblio類語辞典

ただ、アフィリエイトの記事テーマを探したい方は、同義語・類語まで集める必要はないです。細かくキーワードを集める必要のある、リスティング広告を投稿する方向けです。

こうしてさらに集めた親キーワードのリストがこちらです。
同義語・類語を追加したキーワードリスト

2.子キーワードを集める

親キーワードが十分に集まったら、次は子キーワードを集めていきます。

子キーワードとは、

リストなどでキーワードが2層以上なすときに、2番目に立つキーワード。
引用元:Hatena Keyword

のことです。※定義は曖昧で、サイトによっては上記の説明と異なる場合もあります。

例えば、「スイーツ おすすめ」では「おすすめ」が子キーワードといえます。

子キーワードの集め方には以下の 2つの方法があります。

2-1.goodkeywordツールでサジェストを集める

GoogleやYahoo!で検索するときに、キーワードを1語入力すると、それに関連したキーワードが予測されて表示されます。これを「サジェスト」といいます。

サジェストには、入力したキーワードとよく一緒に検索されているキーワードが表示されます。このサジェストを集めていきましょう。

サジェストを集めるには、goodkeywordというツールを使うとラクです。
goodkeyword

goodkeywordに親キーワードを入力して検索ボタンを押すと、サジェストの一覧が表示されます。

表示されたキーワードは、右側の枠からすべてコピーできます。

このサジェストを「スイーツ」「ケーキ」「チョコレート」など、親キーワードごとに集めていきましょう。

こうして集めたサジェストのリストがこちらです(重複やいらないサジェストは削除してあります)。
サジェストのリスト

2-2.地名を集める

「スイーツ 富山」「スイーツ 氷見」など、地名のキーワードを集めてみましょう。

こちらのサイトを利用するとラクです。
47都道府県 – 郵便番号一覧・住所・地名の読み方

こうして集めた地名のリストがこちらです。
地名のリスト

収集は、県市区レベルの地名で十分かと思います。町村レベルまで収集すると、それこそ膨大な数になります。

ただ、一部の地区に限定したサービスを扱っているサイトであれば、町村名まで集めるのもアリです。

さて、以上で子キーワードも収集できましたね。これ以外にも、3語の「孫キーワード」やそれ以上語数の組み合わせキーワードを集めると網羅性がより高まります。

しかし、そこまですると労力がハンパじゃないので、時間がある方にのみおすすめします。子キーワードまででも、十分すぎるくらいのキーワードは集まります。

3.親キーワードと子キーワードを掛け合わせる

さて、ここまでで親キーワードと子キーワードが収集できたはずです。では、最後にこれらを掛け合わせましょう。これで一気に大量のキーワードを生成することができます。

掛け合わせにはこちらのサイトを利用するとラクです。
キーワード掛け合わせツール

「keys1」に親キーワードを、「keys2」に子キーワードを入力して「実行」ボタンを押します(その他の欄は入力しなくて良いです)。

「result」に掛け合わせのキーワードが出力されます。

これでキーワード収集は完了です。お疲れ様でした。

自分の求めている規模のキーワードを収集しましょう

今回、私はスピードを重視して、かなり雑にキーワードを集めました。

私の集めたキーワードのリストを見て、「このスイーツの名前が抜けてるんじゃない?」「もっと子キーワードはあるでしょ?」と感じる方もいることでしょう。

しかし、それでも最終的には 1万以上を軽く超えるキーワードを収集できています。

もっとニッチな親キーワードも含めたり、複合キーワードをさらに多く集めたり、地名を町村レベルまで集めたり……と、突き詰めて行けば限りなくキーワードは洗い出せるでしょう。

しかし、そこまで厳密に何万、何十万のキーワードを収集したところで、それが活かせなければただの労力の無駄です。

事実、リスティング広告を配信するために、50万以上キーワードをGoogle AdWordsに登録している方も見たことがありますが、結局、実際に機能しているのはその内の 5,000件ぽっちということもありました。

キーワードを網羅することは大切ですが、まずは、ちゃんと活用できる範囲でのキーワードを収集してください。そして、足りなければまた集め直す、といった使い方をしてみてください。

岐阜のアフィリエイト交流会に参加してみませんか?

当サイトでは、岐阜やその周辺地域(富山、長野、愛知、滋賀、福井、石川など)のアフィリエイターさんで集まって、楽しく飲み会や勉強会をしています。興味があればぜひ参加してみてください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*