アフィリエイト広告の選び方!初心者がまず選ぶべき6種類の広告

「初心者でも簡単に稼げるアフィリエイト広告を教えてほしい」
「どういった広告を貼れば簡単に稼げるの?」
「おすすめの広告やジャンルが知りたい」

アフィリエイトで稼ぐうえで欠かせない「広告」ですが、どんな広告を掲載すればよいのか迷いますよね。このページではどんな広告を掲載すれば稼ぎやすいのか、初心者におすすめの 6種類を紹介しています。

広告を出す前に読んで、参考にしてみてください。

アフィリエイト広告についてもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。
おすすめのASP8社!これだけは登録しておきたい初心者向けASP
ASPは複数登録した方が良い?いくつ登録すればいいの?

そもそも、稼ぎやすい広告とは?

私は、稼ぎやすい広告とは「購入や申込みなどの成約のハードルが低く、報酬額が高い広告」だと考えています。

これがどういうことか、順番に説明しますね。

成約のハードルが低い広告とは

アフィリエイトの報酬が発生するタイミングには、「商品が購入されたとき」「会員登録が完了したとき」「来店予約をされたとき」などさまざまな種類があります。そしてそれぞれ、成約率が大きく違います。

例えば、「無料の会員登録」が報酬発生の条件だった場合、お客さんは「無料ならとりあえず登録してみるかー」と比較的気軽に成約してくれます。

しかし、「来店予約」が報酬発生の条件だった場合、「都合がつく日はいつだろう?」「お金に余裕があるかな?」「店まで遠いなあ…」と、お客さんはたくさん考えることがあり、簡単には成約してくれないです。

成約のハードルの低い広告を選ぶことが初心者にはおすすめです。

報酬が高い広告とは

アフィリエイトにおいて報酬の高さは重要です。

例えば、クレジットカードの登録などは、アフィリエイト業界でもかなり報酬が高いことで知られており、1件成約するだけで約 10,000円もらえることも多いです。

反対に、Amazonアソシエイトや楽天などの物販だと報酬が低いです。購入した商品の金額の 0%~10%が報酬として支払われるのですが「10,000円の商品が購入されても100円しか儲けがなかった」なんてこともザラにあります。

報酬 10,000円の成約を 1件とって 1万円を儲けるか、100円の成約を100件とって1万円を儲けるかだったら、前者の方が圧倒的にラクです。

アフィリエイト広告は、報酬が高いものを選びましょう。

初心者が選ぶべき6種類の広告

さて、では具体的に「購入や申込みなどの成約のハードルが低く、報酬額が高い広告」にはどんなものがあるのか紹介していきたいと思います。

報酬の発生条件が「無料会員登録」の広告

報酬の発生条件には「無料会員登録」のものがあります。無料なので、お客さんもかなり気軽に登録してくれます。報酬額も 200~2,500円ほどとそこそこ高いです。

出会い系サイトやポイントサイトに多いです。

反対に「有料会員登録」が発生条件の広告は、成約のハードルがグッとあがるので手を出さないほうが無難です。

健康食品や健康ドリンクの広告

「目に効くサプリメント」「肝臓に効くドリンク」「肌のツヤを取り戻すドリンク」など、健康に良いサプリメントやドリンクの広告は初心者におすすめです。

健康に気を使う 30代~60代の人をターゲットにしてサイトを作ると、結構な頻度で購入してくれます。

報酬額は 1,500~6,000円ほどと高く、購入率も高いです。私もある健康食品のサイトを作ったのですが、開設から半年くらいで、2日に 1件くらいの頻度で報酬が発生しているほどになりました。

アフィリエイトは、この健康食品系の広告が大変豊富で、次から次へと新しい広告が追加されていきます。商品数が多いので、好きな商品を選びやすいです。報酬額が大幅にアップするキャンペーンが頻繁に行われるのも健康食品系広告の特徴です。

また、商品のレビューや感想などを書けば良いので、誰でも手を出しやすく、サイト作りがラクな点もおすすめです。

ただ、「青汁」や「酵素ドリンク」はプロのアフィリエイターの参入が多いので、避けたほうが無難です。

なぜ健康食品・健康ドリンクは報酬額が高いのか

健康食品・ドリンクの報酬額は、商品の値段と同じくらいのときや、商品の値段以上のときがあります。これはなぜでしょうか。

それは、健康食品・ドリンクの販売が「リピーターで成り立っている」商売だからです。

この業界では、商品を購入した人は、その後も続けてその商品を買ってくれるリピーターになりやすいです。

なので販売会社は、最初に高い広告費をかけてでも、新規顧客を獲得していきたいと思い、報酬額をグンッと引き上げるのです。

たいていの健康食品・ドリンクの販売会社では、毎月商品をお届けする「定期コース」が用意されていることからもわかります。

特別に報酬額を引き上げてくれる「特単」も適応されやすいので、アフィリエイターには特に嬉しい商材です。

Google AdSense(グーグルアドセンス)広告

Google AdSenseは、その名の通りGoogleが提供している広告で、「広告をクリックしたときに報酬が発生する」仕組みの広告です。掲載するサイトによりますが、1クリックおよそ 50円くらいと、そこそこ報酬額が高いです。また、ときには 1クリックで 1,000円の報酬を貰えるときもあります。

Google AdSenseは、自分で載せる広告を選ぶのではありません。サイトに「広告の枠」を設置すれば、自動的に表示される広告が変わります。サイトの訪問者一人ひとりに合わせて、その人が興味のある広告が表示されるので、クリックされる頻度も高いです。

Google AdSense以外にも、クリックをしたときに報酬が発生する広告はありますが、「1クリック 1円」など、非常に低いものがほとんどです。たくさんクリックされてもほとんど儲けられないので、基本的にはGoogle AdSenseを利用しましょう。

>>Googleアドセンスの登録はこちら

「手順説明」の途中で必要になるものの広告

「釣り やり方」
「年賀状 パソコン 作り方」
「タイヤ交換 やり方」

など、「何かの手順説明」をするサイトに掲載する広告はとてもおすすめです。

こうした手順説明系のサイトでは、その途中で何かしら道具を買う必要が出てくると思います。例えば「釣り やり方」の手順説明では、竿やリール、ルアーなどが必要になりますし、「年賀状 パソコン 作り方」では、年賀状を作るためのソフトを購入する必要があります。

丁寧に手順を説明すればするほど、訪問者はサイトの内容を信用してくれるので、購入される確率はとても高くなります。

また、手順を説明するサイトは、見る人が分かりやすいように文章を工夫したり、画像をたくさん使ったりするので、正直作るのが面倒です。

ただ、手間が掛かる分、それだけライバルのサイトが少ないので、作って間もないサイトでもすぐに検索結果の上位に表示されやすいです。

自分の就いている職業やハマっている趣味関連の広告

自分の就いている職業や、趣味に関する広告を掲載してみましょう。

あなたが普段当然のようにしている仕事も、他の業界の仕事で働いている人から見たら未知の世界です。

「日常の何気ない作業の説明」「仕事をしていて困ったこと」「こんなことをしたら仕事がうまくいった」など、自分が分かることで良いのでなんでも記事にしてみましょう。

専門性が高く、独自性のある記事は、同業者やその業界に興味のある人にとって、とても価値があります。プロのアフィリエイターでも、本業の人の書く記事には勝てません(中には本業の人にお金を渡して記事を書いてもらうアフィリエイターさんもいますが……)。

そこに、あなたが普段使っている「物」や「サービス」、または、あったら便利だなーと思ったものの広告を載せてみましょう。

自分が普段慣れ親しんでいることなので、書きやすいというのも大きなメリットです。記事を作成するモチベーションも高いので、スムーズにサイトを作れるのではないかと思います。

ちなみに、私の場合はアフィリエイトが好きなことと、広告代理店で働いていたことがあり、ネット広告に関心があったので、当サイトを作りました。

このサイトに書いてあることは、私が純粋にアフィリエイトや仕事をしていた上で学んだことや感じたことをまとめたものです。

長文ですが、やはり興味のあることなので、ほとんど苦にならずに文章を書けています。

固定報酬の物販サイトの広告

ネットショップなど物販のサービスでは、「購入した商品の 5%」など売れた商品によって報酬が変わるパターンと、「1商品購入で500円」など、報酬が固定のパターンがあります。

「購入した商品の ◯%」は、報酬額が非常に低い場合がほとんどです。Amazonアソシエイトと同様に 10,000円の商品が売れても、100円くらいしか報酬がもらえなかったなんてことも大いにあります。

逆に、報酬が固定の場合は、金額が高いことが多いです。報酬固定を狙うとよいと思います。

中には、「さまざまな商品を取り扱っているネットショップだけれど、特定の商品を買ったときだけに報酬が発生する」場合もあります。

せっかく広告を掲載しても、報酬が発生しない商品ばかり売れて、全然利益がないなんてこともあります。発生条件はしっかりチェックしておきましょう。

手を出さないほうが良い広告

株やFXなどの投資関連、クレジットカード、ウォーターサーバー、キャッシュローン、中古車買い取り・販売、引っ越し見積もり、脱毛、育毛、転職・就職、青汁、酵素、保険、出会い系などのジャンルは競争が激化しているので、初心者は手を出さないほうが良いと思います。

検索数が多い「ビッグワード」では、プロのアフィリエイターさん達が、企業顔負けのサイトをゴロゴロと公開しています。検索数が少なくて「誰もこんなキーワードで記事を書かないだろうなー」なんて思う「ニッチワード」も、ほぼ掘り尽くされていると言っても過言ではないでしょう。

上記以外のジャンルでも、ビッグキーワードで検索して、検索結果の1ページ目がすごいサイト揃いだったら手を出さないほうがいいですね。

コメント

コメントを残す

*