アフィリエイト記事の文字数は1記事2000文字くらいがおすすめ!文字が多いだけだと悪影響も?

アフィリエイトサイトを開設していて浮かんでくるのが「どれくらい文字を書けばいいの?」という疑問でしょう。

どれだけの文字数の記事を書けば、訪問者が満足してくれるのか。
また、GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されるのか、知りたい方も多いかと思います。

ここでは、何文字くらいの記事を書けばアフィリエイト報酬を得やすいのか、私の考えをまとめています。

1記事あたり2000文字くらいがおすすめ

私はこれまで 10以上のアフィリエイトサイトを運用してきましたが、1記事の文字数は 2000文字くらいがベストだと感じています。
これは、別にアフィリエイトの定説というわけではありません。

しかし、私がこれまでに作ってきたサイトの中では、2000文字程度で書き上げた記事で特にアフィリエイト報酬が多く発生しており、また、検索結果で上位に表示されやすい傾向がありました。

また、訪問者目線で読んでも、ちょうど良い読みやすさのボリュームだと感じました。
記事作成の際は、私は 2000文字くらいをおすすめします。

ただ、Googleは「文字数は検索結果に影響を与えない」と発表

私は 2000文字くらいをおすすめしますと言いましたが、一方、Googleは公式で「文字数は検索結果に影響を与えない」といった内容の発言をしています。

Googleには、例えば「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていないんだ。

Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。

引用元:「長文SEO」、本当に効く?/Google情報から考える文字数と対策法

Googleは、訪問者の求めている情報が簡単に見つかったり、訪問者の抱いている悩みを解決できるサイトを高く評価します。

たとえ 5,000文字や 10,000文字書いたとしても、訪問者が求めている情報がすぐに見つからなかったら高く評価はされません。むしろ、情報が見つかりにくくなって、マイナスになることもあります。

例えば、こんなサイトはGoogleからは嫌われるでしょう。

とはいえ、実際は文字数を減らして検索順位が下がったサイトも

Googleが文字数で順位を判断していないと発言しているものの、現実には文字数を減らしたら検索順位が下がったという声もあります。

アフィリエイターさんのツイートを見ていると、中には「訪問者のために余計な文字を削ったら検索順位が落ちた」という事例も多いです。

しかし、これは一時的なことだと思います。
Googleは、常にユーザーが便利にインターネットを利用できるように、検索結果のアルゴリズムを目まぐるしく変化させています。

それはもう毎週のように変動があるレベルです(変動があるたびに、順位が下がったアフィリエイターさんはTwitterで絶叫しています笑)。

今後は、いかに訪問者に知りたい情報を伝えるかを考えて記事を書くと良さそう

現状では(2017年4月現在)、長文の記事のほうが検索結果の上位に表示される可能性は高いと思われます。

しかし、Googleのアルゴリズムの変化を見ていると、訪問者の求めている内容がすぐに見つからないような長文記事は、いずれ順位を下げることになるでしょう(早ければ今年度中にも)。

2017年に入ってから、その変化に気付かれたアフィリエイターさんも多くいるようです。

アフィリエイターさんの中には、そうしたGoogleの変化に合わせて、これまで長文だった記事をあえて 2つに分割した、という方もおられます。

その結果、元々の記事は順位を保ったまま、新しく切り分けた方のページも検索結果に表示されるようになっています。

1記事を公開後に複数に分割するのはSEOに悪影響を与えるか
https://saruwakakun.com/memo/seo_devide

まとめると、「検索する人の知りたい情報がすぐに見つかり、かつ信頼性のある」サイトが今後は生き残っていく可能性が高いです。

具体的に言えば、「訪問者の知りたいことを最初にズバッと言って、後からその理由付けをする」ような記事を目指すと良いでしょう。

私は初めに、2000文字くらいがおすすめと言いましたが、これは「2000文字くらい書けば報酬を得やすくなったり検索順位が高くなる」のではなく、「余計な文章がなく、納得できるような理由付けができた記事が 2000文字だった」と考えてください。

訪問者が求めている情報がすぐに見つかり、その記事に信頼性を持たせられるのであれば、極端な話、100文字程度で十分な場合もあります。

記事を作成する際は、文字数にこだわりすぎず、ユーザー目線で執筆するのが最も良いでしょう。

コメントを残す

*